大人ニキビでもう悩みたくない!!

ニキビ化粧水で大人ニキビを克服

ニキビがもっとも多いのは思春期ですが、残念ながら大人になってもニキビは出来ます。 大人ニキビは、とても厄介になりがちですし、 なんとかなるだろうと放置してしまいがちなものでもあります。 早めに正しいケアをし、長引かせないようにしていきましょう。
ニキビ跡の化粧水、人気ランキング!

大人ニキビの原因は、ほとんどの場合が生活の乱れによるものです。 残業などの仕事のスケジュールに合わせすぎて不規則な生活になってしまうことや、 様々な人間関係の中でのストレス過多などによって、ホルモンバランスが不安定となり、 ニキビとなってしまうのです。

肌の乱れは体内の乱れを現しているという言葉がありますが、実はこれはとても正しく、 まさに肌は自分のコンディションを映し出す鏡なのです。 ニキビが出来る前に自分のコンディションに気を回して行ければ良いのですが、 なかなかそう上手くはいきませんよね。 そのために、抑えておくべき大人ニキビ対策ポイントをまとめました。

1つ目のポイントは、睡眠時間を確保することです。 睡眠をとることは、体のサイクルのリセットボタンを押すことになります。 疲労感も回復しますし、ある程度の体のバランスは、この睡眠時間によって保たれているといっても過言ではありません。 そのため、睡眠時間をしっかり確保していないと、すぐに体の状態は悪化してしまうのです。

この睡眠確保が、最も簡単であり、最も必要なことだといわれています。 ベストな睡眠時間は、6時間です。 3時間サイクルで眠りのバランスは保たれていきますが、6時間が寝すぎず不足にならず、 良いとされています。 これだけで、肌は大幅に良い状態をキープして行けますので、だいぶ改善されます。

2つ目のポイントは、自分にあった化粧品を用いることです。 毎日行うメイクやスキンケアが、仇となってしまわないようにするのです。 毎日使うからこそ、自分にぴったりのものを利用するべきでしょう。 肌に直接使うので、そのことをしっかりと考慮したうえで、購入し、使用しましょう。

ロゼット公式サイト

便秘になると大人ニキビができやすくなります

便秘と大人ニキビの関係についてここでは考えていきます。便秘自体、健康にとっては好ましいものではありませんが、対ニキビとして考えた場合にも、やはり問題があるようです。なぜ、便秘がニキビとってよくないのかを以下で書いていきます。

便秘によって体内の活性酸素が増えるといわれています。活性酸素は、ニキビの原因となる皮脂の酸化を促進し、遊離脂肪酸、過酸化脂質の状態に変えてしまい、それがニキビへと変化していきます。

活性酸素自体、全く体に有害なものであるわけではありませんが、過剰な活性酸素の発生は、結果として皮膚の酸化反応を誘発してしまい、ニキビができやすくなってしまうのです。

そもそも、なぜ便秘が活性酸素を発生させるのかというメカニズムですが、腸内で便秘として固まってしまう排泄物は、時間とともに悪玉菌(体に有害な菌)を発生させます。便秘になると腸内が膨れるというのは、この悪玉菌によって発生した有毒ガスによるものなのです。

そして、この有害な悪玉菌をそのままにはしておけませんので、人間の体の作用として、対悪玉菌の武器として活性酸素を発生させ、悪玉菌を退治しようとするのです。つまり、活性酸素はそれ自体は有害なものではなく、有害なものを除去するためのものなのです。

しかし、酸化反応は活性酸素による悪玉菌退治の証でもある一方で、その結果として肌が酸化してしまい、ニキビができやすくなってしまうというわけで、何とかしないといけません。

対処療法で肌をきれいにしてニキビを除去しても、根本である便秘が解消されない限りは、所詮いたちごっこになってしまいます。

具体的な便秘解消の方法は、みなさんご存じだと思いますので、くどくどと書きませんが、食生活の偏りによる便秘なのか、生活習慣の乱れによる便秘なのか、それとも薬の副作用など改善が難しい要因によるものなのか、はっきりさせてください。

不可抗力による便秘の場合は、便秘薬を処方してもらうなど薬の力も借りて対処してください。便秘は万病の元ですので、それを改善することで健康を維持してください。ニキビの予防はその一歩でもあります。

大人ニキビを食生活で改善していきましょう

大人ニキビの原因として食生活のバランスがおかしくなっていることが挙げられます。思春期であれば、多少栄養バランスが偏っていても、エネルギーに変えることができますが、大人になってしまうと、栄養バランスの偏りはそのまま蓄積し、健康に悪影響を与えてしまいます。

大人ニキビもそうした結果の1つとしてできるもので、ストレスなどとともにニキビの発生要因として注意しなければなりません。

まず、ニキビができやすい食生活について考えていきます。最初に挙げるのは、直接的にニキビの原因となる食事についてです。ニキビの原因は毛穴に詰まった皮脂でありますが、その皮脂が過剰に分泌されれば、それだけニキビはできやすくなります。

皮脂は脂肪はもちろん、炭水化物、糖質などからなります。脂っこいものや甘いものの食べ過ぎは、それだけニキビの養分を増やしてしまうことになりますので注意してください。もちろん、ニキビだけではなく、これらの摂りすぎは身体によくありません。

また、血液の流れが悪いと、栄養の吸収に影響が出てしまうようで、結果として皮脂の分泌のバランスが崩れてニキビができやすくなります。

血液がドロドロにならないように、大豆や玉ねぎ、緑黄色野菜などを多く摂取するようにしましょう。野菜ジュースや豆乳などであれば比較的容易に摂れますよ。

逆にニキビをできづらくする食べ物は何か考えてみましょう。具体的にニキビを予防するためには、ビタミン(特にビタミンAやビタミンB2、B6、ビタミンC)を多く摂取するとよいとされています。

食材で言えば、牛乳や緑黄色野菜、レバーなどがよいとされています。しかし、これらを多く摂取するために、油炒めや揚げ物をしてしまえば、結局ニキビの原因も一緒に食べてしまうことになります。

従って、ニキビの原因を避けながらニキビを予防する食事を心がけることが大切で、サラダや野菜ジュース、あとは温野菜などがおすすめです。特に温野菜はたくさんの野菜を中の栄養素を逃さずに食べることができる方法です。是非試していただければと思います。

単にニキビの予防という狭い視点ではなく、健康の維持という広い観点から食生活全体をもう1度見直していただければありがたいです。